変化しつつあるお歳暮

バナー

変化しつつあるお歳暮

10月になるとお歳暮を思い出す人も多いのではないでしょうか。
お世話になったあの人にはこんなものがいいのではないかあんなものがいいのではないかと色々思いを巡らす人もいるでしょう。



そんなお歳暮商戦が現在大きく変化しています。

以前は、贈り先の家族構成を考えて子供がいる家庭にはお菓子やお酒好きな人がいる家庭にはビールなど食べ物が中心でした。しかし昨今カタログギフトを贈ると言う人も増えています。



カタログギフトとは失礼ではないかという考え方はもはや古く、様々なものが簡単に手に入る時代贈った先に喜ばれないようなものを贈るより自分の好きな物を選んでもらおうという考え方が浸透してきているとも言えます。


また食べ物を贈るにしてもSNSの普及から若い世代を中心にSNS映えするような斬新でカラフルな色合いの食べ物を贈ると言う人もいます。



そして近頃お歳暮ではやっているのが自分のために買うお歳暮です。

年末くらい日頃頑張っている自分に対するご褒美として高価なものを自分に贈るというのが今の一つの流行りともなっています。購入先も以前はデパートが主でしたが、インターネットの普及によりネットでお歳暮を買い求める人が増えています。

忙しい人にとってデパートに行く時間が取れない場合、自宅でゆっくりできる時間に贈り先のことを考えながらじっくり吟味出来る点がネット購入の良さだと言う人が多いです。贈れるギフトも様々になっているのも選ぶ楽しさがあります。