お歳暮を贈る時期はいつから

バナー

お歳暮を贈る時期はいつから

日本には1年間お世話になった方々に感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈る、という習慣があります。
両親や義父母、兄弟姉妹などの親戚や、友人、会社の上司などに贈る方が多いでしょう。



お子さんがいる場合は、習い事の先生にも贈るというケースもあるようです。
歳暮とは読んで字のごとく、もともとはとしの暮れですから年末を表す言葉として使用されてきました。


ですから、お歳暮を贈る時期も12月頃に贈るのが一般的です。

12月に入ると新年の準備を始める日があり、それは12月13日から行うという習慣がありました。
その日を正月事はじめといいます。

12月13日から12月20日がその時期で、お歳暮もそのタイミングに合わせて届くようにするのがよいとされてきました。
最近では、その時期よりも早めに贈る方も増え、12月初旬に届くように贈る方も増えてきているようです。



年末が差し迫って忙しい時期に重なってしまうと先方に迷惑になってしまいます。



12月初旬に贈ったとしても、年末近くになるよりかは失礼にはならないので、余裕をもって早めに準備しておくのも悪くないでしょう。

ただ、カニなどの生鮮食料品を贈る場合は年末近くの方がよいケースもあります。

生鮮食品はお正月の料理にも使えますので、お正月に近い日付に届いた方が先方に喜ばれる事もあります。

もし、贈るタイミングが間に合わず新年が明けてしまったら、お歳暮としてではなくお年賀として贈るようにしましょう。