お歳暮を考える時には

バナー

お歳暮を考える時には

お歳暮の時期は12月上旬から下旬となることが一般的で、お世話になった人などに感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈ることは多いです。

お歳暮は本来は風呂敷に包んで持参するものでしたが、近年では宅配便で送るケースがとても増えています。
お歳暮としてどのような商品を選ぶかは人によって異なりますのが、自分自身がおいしいと感じていてその良さを先方に分かってほしい品を送ることもあります。

自分が住んでいる土地の特産品を贈ることも一般的となっています。

他の地域の人にとっては新鮮である地元の銘菓などを選ぶことも多いです。


毎年同じ物を贈ることで誰が贈ってきたかを印象づけることもできます。



別の物を贈ることも、新鮮味があって良いこともあります。

先方が特に好きな物をお歳暮として贈ることも人気があり、地元の名酒などはよく選ばれます。

地元の特産品は何かを知ってその人気を知ることはとても重要です。

相手の好みや家族構成がよく分からない時は、無難な物を贈ると良い場合があります。



保存がきく調味料やお茶や海苔などの消耗品などを贈ると、効果的なことが多いです。

商品選びに困る時は、先方が自由に使える商品券を贈ると良い場合もあります。食べ物を贈る時は、安心しておすすめできる物であることも大切です。



無農薬栽培の食品などは喜ばれることが多いです。先方のために特別に取り寄せた物を贈ることもあります。


何を贈るかは、ケースバイケースで考えることが大切です。