一年の締めくくりに感謝をこめて贈るお歳暮のマナー

バナー

一年の締めくくりに感謝をこめて贈るお歳暮のマナー

お歳暮は西日本と東日本で贈る時期が異なることはご存知でしょうか。

東日本では11月下旬~12月20日前後、西日本では12月13日~20日前後とのことです。

東日本が新暦を基準にしているのに対し、西日本は旧暦を基準にしているため、半月ほどのズレがあるようです。



東日本・西日本、送り先に合わせて贈るのが正しいマナーとされています。



夏にお中元を贈ると、冬にもお歳暮をセットで贈られる方が多いと思いますが、経済的にきついなど余裕の無い場合は、一年の締めくくりのお歳暮のみでも良いそうです。

また、両方贈る場合には、お中元より気持ち高めの価格帯の品物を贈るのがマナーとなっています。

では、何をお贈りすれば良いのか悩むところですが、一番気をつけたいところは、チーズが嫌いな方へチーズの詰め合わせなどを贈ってしまうことが無いよう、贈る相手の好きな物、嫌いな物を把握すること、分からない場合は日常生活の中で普通に使っていただけそうな品物を選ぶなど、相手のことを考えて選びたいですね。お歳暮は12月頃にお贈りするものですから、年末年始に家族や親戚などたくさんの方が集まったときに使っていただけるような、ハムの詰め合わせ、お鍋に使っていただけそうなカニなどの海産物、おせち料理の定番数の子など、大勢の人が集まる時期なのでビールや日本酒なども人気があるようです。また、好きなように使っていただける商品券は毎年安定した人気があるようです。