お歳暮の基本的マナーを学ぶ

バナー

お歳暮の基本的マナーを学ぶ

最近ではあまり行うことが少なくなっているお歳暮ですが、年配者が上下関係の厳しい組織の中では避けて通れない行事です。

「避けて通れない」どころか、一つ間違えますと仕事に悪影響があるどころか人生を棒に振るほどの大きな結果になることもあります。

ですから、基本を押さえておくことは社会人としてとても重要です。



まずお歳暮を贈る時期と言いますか、タイミングですが、これはとても重要です。
どんなこともそうですが、タイミングを間違えますとせっかくの感謝の気持ちが反対の結果になることもあります。

基本は、12月13日から20日の間に贈るものでしたが、最近は11月末でも失礼にはあたらない時代になっています。

また地域によっても違いがありますのでそれぞれの地域に合わせた日にちに贈るが適切です。

次に品物ですが、昔と違い今は特別な規則といったものはありません。



そうなりますと金額が重要な要因になりますが、今の時代は3、000円~5、000円くらいが一般的です。中にはお世話になった度合いが大きい人にはもっと高額な品物のほうがふさわしいケースもありますが、基本は3、000~5、000が相場です。



あまりに高額になりますと相手にプレッシャーを与えることになりますので注意が必要です。今の時代はお歳暮に関して販売業者のIT化が進んでおり、去年や一昨年の品物が記録されていることが普通ですので、販売業者に相談するのも一つの選択方法です。

なぜなら贈られる側ももらえるものがある程度予測がつきますので、普段の買い物を計画的にすることができるからです。